おもちゃ・知育玩具のサブスク・定額レンタル And TOYBOX(アンドトイボックス)

STAFF BLOGスタッフブログ

【メリット・デメリット】個性や発達を重視した「シュタイナー教育」をわかりやすく解説!
おもちゃレンタルのサブスク And TOYBOXトップ > ブログ > 子育て情報 > 【メリット・デメリット】個性や発達を重視した「シュタイナー教育」をわかりやすく解説!

子育て情報 POSTED / 2024.01.10

【メリット・デメリット】個性や発達を重視した「シュタイナー教育」をわかりやすく解説!

「子どもの個性を尊重するとともに発達の違いに配慮し、子ども自身の内なる可能性を引き出す」そんな理念を持つシュタイナー教育。 本記事では、シュタイナー教育の特徴から、ご家庭でシュタイナー教育を取り入れる際の注意点まで詳しく解説します。また、シュタイナー教育を検討中の参考になるよう、この教育がもたらすメリットと潜在的なデメリットについても、分かりやすく解説します。



【シュタイナー教育のメリット・デメリット】



●メリット①|意思決定力・行動力が身につきやすい
●メリット②|感受性を育める
●メリット③|創造力や協調性が身につきやすい
●デメリット①|日常的な制限が多いこと
●デメリット②|視野が狭まる恐れ
●デメリット③|学習スピードや質に差が生じる可能性あり

 

▼この記事でわかること

 

●オーストリアやドイツで活動した哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した独特の教育方法
●単なる知識の詰め込みではなく、子どもの意志や創造性、思考力を育むことに焦点を当てている
●シュタイナー教育には他の教育方法と異なる特徴が7つある!
●音楽活動や芸術活動も重視している
●シュタイナー教育では、子どもの想像力や創造力を豊かにする玩具が推奨
●シュタイナー教育においても、経験を重んじ、子どもの好奇心を刺激しながら自ら考えて遊べる「知育玩具」は重要!

 

この記事を参考に、シュタイナー教育についての理解を深めましょう。

 

おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

シュタイナー教育とは?その特徴や注目される理由

シュタイナー教育は、オーストリアやドイツで活動した哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した独特の教育方法です。1919年にドイツで「自由ヴァルドルフ学校」が設立されて以来、今や世界各地に広まり、その歴史は100年を超えます。
個人の個性や自由を重んじ、知的な学習だけでなく、芸術的、社会的、感情的な発達にも重点をおいています。
注目される理由のひとつは、シュタイナー教育が単なる知識の詰め込みではなく、子どもたちの意志力や創造性、独自の思考力を育むことに焦点を当てているからです。また、環境や社会との調和も重視し、自然の素材でできたおもちゃや季節の流れを感じる活動を取り入れています。このような特色ある教育法は、多様な学びの形を提供し、複雑な現代で生きる力を育てるとして世界中で注目されています。


モンテッソーリ教育など他の教育法との違い

シュタイナー教育の特徴は、自然を重視した教育です。小さな頃から知識を詰め込む教育法とは異なり、自然のなかで自由に遊びながら自主性や豊かな感性を育てます。
一方、近年注目を集めている「モンテッソーリ教育」は、整えられた環境の中で、教具を通して自由に遊び様々な体験を積むことで、自分で生きるための力を育てるのが特徴です。
どちらの教育思想も自由を重視しているものの、子どもが置かれる「環境」が大きく異なると言えるでしょう。
また、そのほか伝統的な教育は集団指導が中心で、統一されたカリキュラムに沿った学習を行い、評価はテストの成績が一般的です。このように型にハマった教育ではなく、「自由」かつ「個性を尊重する」点が他にないシュタイナー教育の特徴だと言えます。


シュタイナー教育の具体的な特徴

シュタイナー教育の概要を掴んだところで、ここからはより具体的なシュタイナー教育の特徴についてみていきます。

・「7年周期」の発達段階を設定している
・音楽活動の「オイリュトミー」と芸術活動の「フォルメン」
・縦割り教育・同一担任制
・エポック授業・教科書やテストがない

1つずつ見ていきましょう。


「7年周期」の発達段階

シュタイナー教育の最も大きな特徴と言えるのが、人の発達段階を「7年ごとの周期」で捉えている点です。

【シュタイナー教育のメリット・デメリット】

・0歳~7歳|意思(身体)を育てる時期
・8歳~14歳|感情(心)を育てる時期
・15~21歳|思考(頭)を育てる時期


この発達段階に合わせたカリキュラムが設計され、子どもたちは各周期において最も重要とされる部分に焦点を当てた教育を受けることとなります。また、上記の通り、子ども発達過程において、「意思」、「感情」、「思考」の3つの側面からアプローチし、統合的に発達させることを基本としています。


0歳~7歳|意思(身体)を育てる時期

0歳から7歳までの第1周期は、身体の健やかな発達を促す時期です。 子どもたちが自由に遊びながら身体を使って学ぶことに焦点を当てており、自然の中での活動や自由かつ多様な遊び・運動を経験する中で、健やかな身体や意志の力を養います。
この第一周期において養ってきた意思の力を基盤として、この先の感情(心)と思考(頭)の発達を支えていくこととなります。


8歳~14歳|感情(心)を育てる時期

8歳から14歳の第2周期は、子どもの感情(心)を育む重要な時期と位置づけられています。このフェーズでは、子どもの想像力や感情を豊かにすることに重点が置かれ、創造的な活動が奨励されます。
美しい音楽や自然、芸術に触れることで、想像力を育むとともに、創造力や表現力を養っていく時期なのです。
なお、この時期の子どもは感情の起伏が激しくなりますが、シュタイナー教育ではこれを自己認識や共感の発達と捉え、適切な関わりを持つことで社会的感受性や他者との協調性を高めていきます。
この時期、関わる教師や親御様は、子どもに安心感を提供し、個々の感情や思考を尊重する姿勢を持ち続けることが求められているのです。


15~21歳|思考(頭)を育てる時期

シュタイナー教育における青年期である15歳から21歳までの第3周期は、思考(頭)を育てる段階とされています。思索的な能力が芽生え、自己認識と世界への理解を深める重要な時期です。
抽象的思考が可能になるこの時期には、より高度な学問的内容に挑戦し、個人の思考力や判断力、行動力を養います。
また、自己表現としての芸術活動も重要な役割を果たし、自我の形成と自己実現に寄与します。社会参加や実践を通じて、責任感や公共心を身につけることもこの時期の教育の重要な側面の一つです。
この青年期を迎えた子どもが社会に出て自立していくための基盤を築くことが、シュタイナー教育の目標の一つとなります。


音楽活動の「オイリュトミー」と芸術活動の「フォルメン」

シュタイナー教育では、前述した3段階の発達段階を支えるうえで、オイリュトミーとフォルメンという独自の活動が行われています。どちらも子どもの感性を豊かにし、内面からの表現を促す独特の手法です。
「オイリュトミー」は、音楽や歌のリズムに合わせて身体を使って表現する動作芸術であり、健康な身体を作り、豊かな感性を育むうえで大切な活動です。また、また、他の人と一緒に楽しむことで協調性を養い、相互理解を深めることもできます。
一方「フォルメン」は、直線や曲線などの線を描く視覚芸術活動です。子どもたちが直感的・創造的な力を伸ばし、物の本質を理解する手助けとなります。
この2つの教育活動は、シュタイナー学校や幼稚園において必須科目とされており、子どもたちが自身の内面世界と外の世界との橋渡しとして、音楽や芸術に親しんでいます。


縦割り教育・同一担任制

一般的な保育園や小中学校では、年齢ごとにクラス分けされるのに対して、シュタイナー教育では「縦割り」でクラスが編成されます。年齢や学年を超えて、異年齢の子どもたちが一緒に学ぶ環境を提供することで、相互の尊重や協力が育まれます。
また、「同一担任制」も特徴のひとつ。小中学校の一貫教育の中で1人の教師が同じクラスを担当するため、一貫した関係性を保ちながらきめ細やかな対応ができる点が特徴です。
この継続的な関係性において子どもの個性や発達段階を熟知することにより、その子どもに合った学びを提供できるため、子ども一人ひとりの成長を最大限に支えることができるのです。


エポック授業・教科書やテストがない

エポック授業とは、シュタイナー教育校において1時間目に行われる「約100分間の授業」を指します。ここでいう「エポック」とは、集中的に一つのテーマや科目を数週間にわたって深く学ぶ期間を意味します。
例えば、全学年が、国語・算数・理科・社会のいずれかの科目を2〜4週間かけ、集中的に学ぶのです。また、エポック授業では一般的な学校教育で見られるような教科書を活用した授業や、優劣をつけるテストは実施されません。
生徒の理解度は、主に教師が日々の授業を通じて観察し評価します。これにより、テストのプレッシャーから解放された環境の中で、子ども自分のペースでのびのびと学習を進めることができるのです。


日本におけるシュタイナー教育の特徴

日本においてシュタイナー教育は、独自の展開を見せています。幼児期から高等教育まで一貫したカリキュラムを提供することが少なくありません。また、国内の環境や文化に即した教材や活動が取り入れられているのも特徴です。
具体的には、お散歩や米作りなど身近な自然と触れ合う体験や、合宿や校外実習などの実践を通じた学習をたくさん行っています。
ある学校では、種を撒くところから食べるまでの一連の過程をカリキュラムの中で体験させています。1年を通して自然や植物と向き合うことで、季節の流れや食物の大切さ、命の尊さなどさまざまな学びを得ているのです。
シュタイナー教育は日本の環境や子どもに合わせた形で展開されており、多くの親御様からの関心を集めています。


シュタイナー教育のメリット・デメリット

ここからは、シュタイナー教育における主なメリットとデメリットをご紹介します。
ご紹介するメリットを最大限に活かしながら、デメリットを理解し対応することで、子どもの豊かな成長を促すことができるでしょう。

・メリット①|意思決定力・行動力が身につきやすい
・メリット②|感受性を育める
・メリット③|創造力や協調性が身につきやすい
・デメリット①|日常的な制限が多いこと
・デメリット②|視野が狭まる恐れ
・デメリット③|学習スピードや質に差が生じる可能性あり

それでは1つずつみていきましょう。


シュタイナー教育のメリット①|意思決定力・行動力が身につきやすい

シュタイナー教育は、子どもたちの自由で自主的な「意思決定」を大事にしています。子ども自身があらゆる経験を通じて自発的に思考し、問題を解決するという体験を繰り返すことで、意思決定力を養うことができるのです。
また、教室での自由な学び、独自の創作活動、自然との触れ合いといった教育活動を通して、行動力や創造力が身につきやすくなります。自分で考え判断し行動できる力は、大人になったときにも非常に役立つスキルです。


シュタイナー教育のメリット②|感受性を育める

シュタイナー教育では、芸術や手工芸、園芸活動、自然体験など多岐にわたる活動を通して感受性を高めることができます。
また、テレビをはじめとするメディアやキャラクターを見せることを禁止しています。子どもの発達に悪影響となる情報や行動を減らし、自然の中で育てていくことで、感受性の豊かな子どもに育つとしています。
美しい環境や人間関係の中で育む感受性は、人として豊かな精神性を培い、他者に対する共感や思いやりへとつながる重要な要素です。


シュタイナー教育のメリット③|創造力や協調性が身につきやすい

シュタイナー教育では、共同でのプロジェクト、演劇、アートワークなどの活動を通じて、作品を創り出すという経験をします。これらの活動により、自ら考える・創造する力を育むとともに、他者との協力やコミュニケーションスキルを培い、社会性までも養います。
また、「縦割り教育」という独自のクラス分けにより、年齢の異なる子どもたちが互いに協力し合いながら成長していく環境が用意されています。これにより、子どもは自らの役割を見出し、チームワークの重要性を理解しながら、他者との関り方を学ぶのです。そうした環境が自然と協調性を身に付けさせます。


シュタイナー教育のデメリット①|日常的な制限が多いこと

シュタイナー教育を取り入れた生活は、子どもたちの自由な発想を促す一方で、日常的な制限が伴うことも少なくありません。例えば、テレビやデジタルデバイスの使用を制限したり、キャラクターものを禁止したりするなど、子どもの身の回りの環境を厳しくコントロールする傾向があります。
これは、シュタイナー教育が子どもの身体的、精神的な健全な成長を重視するため、外部からの過剰な刺激を避け、自然な状態での育成を目指しているためです。
とはいえ、制限が厳しすぎると、子どもが社会との接点を持つ機会が減少したり、子どもの興味や好奇心を制約してしまったりする可能性もあります。


シュタイナー教育のデメリット②|視野が狭まる恐れ

子どもが特定の教育理念や環境に強く影響されることで、視野が狭まる恐れがあるという点もデメリットのひとつです。シュタイナー教育では一般的な学校教育とは異なるカリキュラムを採用しており、いわゆる“普通”とは離れた教材や授業内容が多く含まれています。
また、情報化社会においては、多様な価値観や異なる文化と交わりながら学ぶことが重要ですが、シュタイナー教育の環境では、そのような外部からの刺激が少ないため、社会的な多様性を体験し、理解する機会がどうしても限られてしまうでしょう。
その結果、シュタイナー教育を受けた子どもが、異なる価値観や考え方に触れるチャンスが減り、広い視野で物事を捉える機会が制限される可能性があるのです。


シュタイナー教育のデメリット③|学習スピードや質に差が生じる可能性あり

自らの自発的な意思に基づいて興味を持ったことを追求することを奨励するシュタイナー教育では、子どもがそれぞれ自分のペースで学習していくため、学習スピードや質に差が生じる可能性があります。特に、基礎的な読み書きや計算などのスキルの習得スピードは個々で大きく異なることが想定されます。
実際、画一的な教育システムと比べると、子どもたちの間に学習成果にばらつきを生む可能性があると指摘されているのも事実です。そしてこのような状況は、他の教育方法に移行する際に適応する上で障壁となること可能性も否めません。


おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

シュタイナー教育を家庭で取り組むためには?

シュタイナー教育を家庭で実践するためには教育方針を理解し、子どもの成長に合わせたアプローチをしていくことが必要となります。まずはシュタイナー教育の基本原理を学び、自宅での活動を通じて、子どもの意志、感情、思考を育むことを目指しましょう。
また、創造性を重視するシュタイナー教育では、自然素材の玩具や外での活動によって子どもの感性を豊かにすることが推奨されています。
親御様自身が学び、子どもの成長を支えることが、シュタイナー教育を家庭で取り組むための鍵となります。


家庭でシュタイナー教育を実践するときの注意点

家庭でシュタイナー教育を取り入れる際、注意すべきは、「子どもの個性と発達段階に応じた教育」が行われるようにすることです。
そのためにはまず、子どもの自発性を大切にし、学ぶことへの内なる動機付けを重視します。「何時になったらこれをやりなさい」といった関わりではなく、子どもの興味ややりたいという気持ちを尊重し、叶えてあげられる環境を整えることが望ましいと言えます。
また、テレビやデジタルデバイスの使用を制限し、自然とのつながりを重んじることも、シュタイナー教育の特徴です。それらの代わりに、芸術活動や手工芸、園芸など、手を動かす活動を積極的に取り入れてみましょう。


シュタイナー教育において活用できる知育玩具はどんなもの?

シュタイナー教育では、子どもの想像力や創造力を豊かにする玩具が推奨されます。自然素材で作られ、色彩豊かでシンプルな形状のものが多く、子ども自身が多様な遊び方を考案できるよう促すのが特徴です。
例えば、積み木、人形、布製の玩具、木製の果物や野菜などが挙げられ、これらの知育玩具は、子どもの手を使った感覚的経験や創造的な発想を支える役目を担っています。


おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

 

シュタイナー教育のまとめ

シュタイナー教育は、子どもの個性や自由、そして発達段階ごとの経験を重視し、子ども一人ひとりが持つ内なる能力を最大限に伸ばそうとする教育法です。この教育メソッドにおいても、経験を重んじ、子どもの好奇心を刺激しながら自ら考えて遊べる「知育玩具」は重要な役割を果たします。
そこでおすすめなのがおもちゃのサブスクです。当社「And TOYBOX」では、子どもの発達段階に応じた最適な知育玩具をお届けしております。子どもの秘めた能力を引き出し・高めるツールとしてたくさんの親御様に選ばれています。
もし、おもちゃのサブスクをご検討の際はぜひ「And TOYBOX」もご検討ください。気になることがございましたら、ホームページ上の「LINEでお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

And TOYBOX おもちゃコラム 編集部 岩瀬裕紀

おもちゃレンタルサービスAnd TOYBOXを運営する株式会社みのり代表取締役。2017年に当サービスを立ち上げる。そのほかに雑貨やインテリアのオンラインショップAnd MONOと保険調剤薬局を運営する。

Related Post関連記事

Price Planおもちゃレンタルの月額料金

月額3,278(税込)

And TOYBOXは定額制の知育玩具レンタルサービスです。
スタンダードプランは毎月3,278円(税込)で約15,000円、4~6個のおもちゃを定期的に交換することができます。
往復の送料はもちろん無料です!

料金プラン