おもちゃ・知育玩具のサブスク・定額レンタル And TOYBOX(アンドトイボックス)

STAFF BLOGスタッフブログ

早期教育とは?早期教育のメリット・デメリット、取り入れる際の注意点を徹底解説!
おもちゃレンタルのサブスク And TOYBOXトップ > ブログ > 子育て情報 > 早期教育とは?早期教育のメリット・デメリット、取り入れる際の注意点を徹底解説!

子育て情報 POSTED / 2024.01.11

早期教育とは?早期教育のメリット・デメリット、取り入れる際の注意点を徹底解説!

小さい子どもの秘めた可能性を引き出す早期教育。しかし、ただただ早い時期に知識を詰め込めばいいわけではありません。むしろ、やり方を誤ってしまえば、効果は半減してしまうかもしれません。
そこで本記事では、早期教育がなぜ注目されているのか、そのメリットとともに、潜在的なデメリットも含む早期教育のいろはを解説していきます。

 

– 早期教育で得られるメリット –


●基礎的な学力を養える
●成功体験で子どもに自信がつく・自己肯定感が高まる
●得意分野を引き出せる
●好奇心や興味が広がる
●脳の発達を促し、さまざまな能力を向上させられる
●小学校での学習にスムーズに対応できる
●親子の仲が深まる


– 一歩間違えると悪影響も!早期教育のデメリット –


●子どもに精神的な負担・ストレスを与えてしまうことがある
●主体性・創造性が育ちにくい
●子どもが望まないことを無理強いすると嫌いになってしまう
●過度な期待とその影響
●保護者同士の競争が生まれることがある

 

– 取り入れる際の注意点5つ –


●子どもが「楽しい」と思うことを優先する
●自主性を尊重する
●自由な時間をつくる
●適切なコミュニケーション・口を出し過ぎない
●他の子どもと比べない


ぜひ最後までご覧ください。


おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

早期教育とは

早期教育とは、おおむね3歳から6歳の未就学児童を対象に、様々な分野の学習やスキルの習得を始めることです。子どもの脳が最も発達すると言われるこの時期に、遊びや体験を通して、多角的な知識や技能を身に着けさせることを目的としています。
早期に始めることで、子どもの学習能力や潜在的な才能を引き出し、将来的な教育成果につなげようとするのが早期教育の基本的な考え方です。また、親御様と子どもとの関係性を深める機会にもなり、子どもが社会性や親しみやすさなどの基本的な人間性を身につける好機ともされています。
早期教育には、子どもの適正や興味を見極めること、無理をさせないことが大切であり、それぞれの子どもに合った形で無理なく取り入れることが推奨されます。


早期教育(スキルの習得)と幼児教育(人間力・生きる力を身に付ける)の違い

早期教育は、特定のスキルや知識を早い段階で身につけさせる教育方法です。例えば、読み書き、計算、外国語など具体的な学問の習得や、スポーツや音楽のような特技の育成が含まれます。
これに対して、幼児教育は、子どもの総合的な人間力を育むことを目的とし、社会性や協調性、創造力などの「生きる力」を中心に据えています。幼児期は人格形成の基礎が築かれる大切な時期であり、ここでの学びは、子どもが社会で自立していく上での土台となります。
早期教育は能力の向上に重きを置いているのに対し、幼児教育は子どもの心の成長や個性を大切にしたアプローチが特徴です。どちらがいい・悪いという考えではなく、両者を適切に組み合わせることで、子どもの総合的な成長を支えることができると言えるでしょう。


早期教育の種類

早期教育は、子どもたちの潜在能力を引き出し、様々なスキルを身につけさせるための方法です。その種類は多岐にわたり、それぞれに特徴があります。
主な種類ごとにその特徴を見ていきましょう。


外国語の学習

幼児期に外国語を学ぶことは、言語の発達において非常に効果的な手段です。子どもの脳は学習に適した柔軟性を備えており、この時期に多言語に触れさせることで、発音の習得が容易になると言われています。また、文化的な感受性やコミュニケーション能力の向上にも寄与します。
外国語教育にはさまざまな方法がありますが、楽しく学べる環境を整えることが重要です。例えば、歌やゲームを通じた学習や、知育玩具を用いた方法が人気です。また、デジタル教材を用いた学習も有効で、アプリを使って楽しみながら音声認識を通して正しい発音を学ぶことができます。


スポーツ

スポーツを早期教育に取り入れることで、身体的な能力だけでなく、社会性や協調性を育むこともできます。特に、運動による脳の発達促進や健康維持には大きなメリットがあり、小さい頃から様々な動きを経験することで、運動神経を発達させ、体を動かす喜びや達成感を感じることができるのです。
また、チームスポーツに参加することは、ルールを学び、協力して目標を達成する重要性を子どもに理解させる良い手段となります。
ただし、子どもへの過度な期待や厳しすぎるトレーニングは避け、子どもの興味と楽しさを最優先にし、健康的な肉体と心の成長を促すことが重要です。


音楽・芸術系の習い事

音楽や芸術系の習い事は、子どもの感性を豊かにするだけでなく、創造性や表現力を高める効果があります。子どもが楽器を使えばリズム感が養われ、絵画や工作をすることで色彩感覚や立体感の理解が深まります。
また、芸術活動は、子どもが自分の内面を探求する手段となり、自己表現の基本を学ぶ場としても重要です。子どもの個性を尊重しつつ、自然と身に付けられる習慣や技術は、一生役立つものと言えるでしょう。
ピアノやバイオリンなどの楽器演奏から絵画や工作まで、さまざまな習い事があるため、子どもの興味や気持ちを優先して選んでみるのがよいでしょう。早ければ3歳頃から始められる習い事も多く、個々の才能や表現力を伸ばすには有効です。


小学校の学習の先取り学習

小学校の学習の先取り学習は、学習への興味を喚起し、知的好奇心を刺激する早期教育の一種です。例えば、読み書きや算数などの基本的な学習能力を養うことが含まれます。一方で、過度な学習内容の先取りは、子どもにとって難易度が高すぎる可能性もあり、その結果、学習に対する不安や苦手意識を生むリスクがあります。
工夫点としては、学習内容をゲーム形式にすることで楽しさを感じられるようにする、また、知識の定着を図るために身近な題材や日常生活と関連付けた教育も有効です。 何より子どものペースを大切にし、学習圧力を感じさせないよう配慮することが欠かせません。


知能を伸ばす教育

知能を伸ばす教育は、子どもの知的好奇心を育むことを目的とし、将来的な学習能力や問題解決能力の向上を促します。この分野には能力向上をサポートする知育玩具、計算力を高める算数ゲーム、そして言語理解を深めるための読み聞かせなどが含まれます。
特に知育玩具は、遊びながら論理的思考力や空間認識能力を養えることから人気があります。重要なのは、子どもが自ら考え、発見し、学ぶことを楽しむ環境を整えることです。


早期教育で得られるメリット

早期教育で得られるメリットは、多岐にわたります。ここからは、具体的なメリットについてご紹介します。

・基礎的な学力を養える
・成功体験で子どもに自信がつく・自己肯定感が高まる
・得意分野を引き出せる
・好奇心や興味が広がる
・脳の発達を促し、さまざまな能力を向上させられる
・小学校での学習にスムーズに対応できる

1つずつ見ていきましょう。


基礎的な学力を養える

早期教育を通じて、基礎的な学力を養えることは大きなメリットです。例えば、アルファベットの認識を始めとして、単語を組み合わせて文を作る練習や、簡単な足し算、引き算などは、これからの学校教育で必要とされるスキルの基礎となります。
また、物事への好奇心を刺激し、学習への興味や意欲を高める効果も期待できます。このように早期教育では、知的好奇心を育みつつ、学びの楽しさを体験させることで、学校教育へのスムーズな移行を助けることが可能です。


成功体験で子どもに自信がつく・自己肯定感が高まる

早期教育における成功体験は、子どもたちにとって大きな自信となり、自己肯定感を育む重要な要素です。また、子どもが自ら学んで結果を出したという経験は、困難に直面した際にも諦めずに挑戦する力を養います。
例えば、外国語で簡単な会話ができるようになったり、一部分だけでもピアノで曲を弾けるようになったりすることは、子ども自身が自分の成長を実感できる瞬間です。
これらの成果は、子どもたちが自分自身の能力を認識し、さらなる学習に対する積極性を育むきっかけになります。


得意分野を引き出せる

早期教育を通して、子どもの得意分野を見つけ出せる可能性が高いです。子どもにはそれぞれ興味や才能があり、早期教育はそれらを発見し、伸ばしていくことができます。
たとえば、外国語の才能がある子どもには言語学習を、音楽的センスを持つ子には楽器の演奏を推奨するなど、その子の個性に合わせた教育内容を提供することで、子どもは自分自身の能力を最大限に発揮することができます。
このような個々の能力を尊重する教育は、子どもの自己肯定感を高めるだけでなく、将来的にその才能が社会に貢献する形で活かされる基盤を築くことにつながるでしょう。


好奇心や興味が広がる

早期教育を通して、子どもの好奇心や興味を広げることは非常に価値があります。幼少期に多種多様な体験をすることで、子どもは世界に対する新しい視野を開くことができます。
興味の幅が広がることは、子どもが自ら学びたいと感じる動機付けになり、新しいことに挑戦する積極性も養われます。早期教育は、後の人生での選択肢を広げる貴重な礎となり得るのです。


脳の発達を促し、さまざまな能力を向上させられる

早期教育による脳の発達は、多面的な能力の向上に寄与します。特に、学習の黄金期とされる幼児期には、脳の発達が著しく、新しい情報を吸収しやすい時期です。
早期教育を通じて子どもたちは、言語能力、論理的思考力、問題解決能力などの知的スキルを高めることができます。また、数学や科学の基礎となる認識能力や、美術や音楽を通じて感性や創造力を育むことも可能です。
これらの経験は、学ぶことへの積極性や集中力を育み、長期的な学習態度にも良い影響を及ぼすと考えられます。ただし、無理強いせず、子どもの興味や発達段階を考慮し、適切な刺激を提供することが重要です。


小学校での学習にスムーズに対応できる

早期教育を取り入れることで、子どもは小学校での学習にスムーズに対応できるようになるメリットがあります。
早期に学ぶ習慣が身につくこと、読み書き計算といった基礎的な学習スキルの早期習得、そして教室での集団での活動に慣れるといった複数の要因によってもたらされます。
ご家庭での遊びや学び、習い事などを通じて、子どもが学ぶ楽しさや集中力を育み、自己管理能力を高めることができれば、入学後の学校生活への適応も自然と容易になり、新しい学びのスタートラインを有利にしてくれるでしょう。


親子の仲が深まる

早期教育を通じて、子どもと一緒に学習することで親子の仲が深まるというメリットもあります。一緒に言葉を学んだり、スポーツを楽しんだりする過程で、親子の間に新たなコミュニケーションのチャネルが生まれ、信頼関係が深まります。
家庭内での学びの時間が親子の絆を強めるだけでなく、子どもの教育への積極性を促し、学習意欲を高める効果も期待できます。
また、親御様として子どもの成長を身近でサポートし、その達成感を共に味わうことは、計り知れない喜びとなること間違いなしなしです。


おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

一歩間違えると悪影響も!早期教育のデメリット

早期教育は多くの利点を持ちますが、取り組み方を一歩間違えると、子どもにとって悪影響を及ぼす可能性があります。デメリットとして挙げられるのは、以下の5つです。

・子どもに精神的な負担・ストレスを与えてしまうことがある
・主体性・創造性が育ちにくい
・子どもが望まないことを無理強いすると嫌いになってしまう
・過度な期待とその影響
・保護者同士の競争が生まれることがある

1つずつ詳しくみていきます。


子どもに精神的な負担・ストレスを与えてしまうことがある

早期教育において、親御様のプレッシャーが子どもにとって大きなストレスとなり、場合によっては学習への抵抗感や不安感を植え付けてしまうリスクがあります。
特に、過度な期待と要求が、子どもにとって達成困難なものである場合、その影響は自尊心の低下にもつながるかもしれません。加えて、子どもによっては早期教育の環境での社会的競争に適応できず、孤独感や劣等感を感じることも考えられます。
子どもの精神的な健康を守りつつ教育を進めるためには、子どもの心の声に耳を傾け、無理なく楽しめる環境を提供することが必要不可欠です。


主体性・創造性が育ちにくい

早期教育では、主体性や創造性が育ちにくいという側面もあります。指示に従うことが重視される教育プログラムでは、子どもが自ら考え、行動する機会が減る可能性があります。
また、固定された答えを求める学習形態は、新しいアイデアを生み出すことを避ける傾向につながりかねません。子どもが自分の興味や関心を探求する時間を大事にし、思う存分その気持ちを満たせる環境を作ってあげましょう。


子どもが望まないことを無理強いすると嫌いになってしまう

子どもの興味や意欲を無視して、親御様の期待だけを押し付ける早期教育はリスクをはらんでいます。
子どもが嫌々ながら取り組んだ場合、どんな分野であれ、学ぶことの楽しさを見出しにくくなります。また、その活動から得られるはずだった知識やスキルの習得は上手くいかず、結果的に総合的な学習能力の発展にブレーキがかかることも懸念されます。
したがって、早期教育を通じて子どもに良い経験を提供するためには、子どもの意向を尊重し、興味があること、楽しいと感じることに焦点を当てる柔軟な姿勢が重要です。


過度な期待とその影響

過度な期待は、子どもにとっても親にとっても有害な影響を及ぼす可能性があります。特に、早期教育において過大な期待がかかると、達成できなかったときの失敗感が子どもの自己評価を下げる原因となります。
また、常に高い基準を求められる環境は、子どもが学ぶこと自体に対して消極的になる可能性もあるでしょう。これは、子どもが新しいことを積極的に学ぼうとする自然な好奇心を損なうことにつながります。
子どもの興味や意欲、個性を大切にし、それぞれのペースで成長できる環境を整えることが重要です。


保護者同士の競争が生まれることがある

保護者同士で子どもの成果を比較し合うことは、特に早期教育に関わる環境で見受けられます。
幼児期は能力向上の土台を築く大切な時期であるため、多くの親が自分の子どもが他の子どもと同じペース、あるいはそれ以上で成長することを望むのは自然な心理です。 しかしこのような競争意識は、親御様の間に不健全な比較を生じさせることがあり、それが子どもに間接的なプレッシャーとして影響する恐れがあります。
親御様が意図せずに生み出し、そして子どもが無意識のうちに感じ取ってしまうこの種の競争は、子どもの教育や心理的な発展にとって有益とは言えません。親御様には、「他の家庭や子どもと比べない」心がけが大切です。


早期教育を取り入れる際の注意点5つ

早期教育を取り入れる際は、以下の5つの注意点を押さえておきましょう。

・子どもが「楽しい」と思うことを優先する
・自主性を尊重する
・自由な時間をつくる
・適切なコミュニケーション・口を出し過ぎない
・他の子どもと比べない

これらのポイントを押さえ、子どもが自ら学ぶことの楽しさを感じられるよう、親御様はサポートの役割を果たしていくことが望ましいでしょう。1つずつ見ていきます。


子どもが「楽しい」と思うことを優先する

子どもにとって学びは、遊びや探索の延長線上にあるものです。そのため、子どもが自ら学びを楽しみ、好奇心を持続させることは、早期教育を取り入れる上で非常に重要です。
学びを強制するのではなく、子どもが「楽しい」と感じる活動を中心に据えることで、自然な形で知識や技能が身に付きます。
子どもが「楽しい」と感じる活動を選び、強制ではなく自然な興味を基に取り組むことを心がけましょう。


自主性を尊重する

学びにおける自主性は、子ども自身が学習の内容やペースを選択し、自分の関心や好奇心に基づいて探求する能力を養います。
また、子どもが自分で意志を持って取り組むときこそ、あらゆるスキルの吸収力と、能力の飛躍的な向上が期待できるのです。そのため、子どもの自主性を尊重し、素直に学びたいと思うものや教材、知育玩具を選択しましょう。


自由な時間をつくる

早期教育を行う上で、子どもにとって「自由な時間」は必要不可欠です。好奇心を育むためにも、予定やカリキュラムに縛られずに過ごす時間はとても大切。子どもが自由に遊べる環境は、想像力や創造力を豊かにし、精神的なバランスを保つ助けにもなります。
早期教育は計画的かつ意図的な学習が多いため、敢えて放任することで、子どもが本来持っている可能性を引き出せるのです。親子で自然を散策したり、家でのんびり絵を描いたり、子どものペースで過ごすことで、充実した幼少期を送ることができるでしょう。


適切なコミュニケーション・口を出し過ぎない

子どもの早期教育においては、適切なコミュニケーションを図ることが極めて重要です。子どもの興味や感情を理解し、適度な距離感で支援することで、子ども自身が主体的に学習に取り組むことができるようになります。
子どもが挑戦することに対しては励ましを、困難に直面した際には共感とサポートする姿勢を大事にしましょう。あまり口出ししすぎず、見守ることも大切な心がけです。


他の子どもと比べない

前にも少し触れましたが、子どもを他の子どもと比べることは、絶対に避けるべき行為です。子どもはそれぞれ自分のペースと独自の興味を持っているため、他者との比較は子どもの自己肯定感を損なう可能性があります。
また、他の子どもと競争させることで生じるプレッシャーは、子どもの学習への意欲を削ぎ、ストレスとなるでしょう。親御様は、子どもが自分自身の進歩や成長を喜べるように支援し、「我が子」の能力や進捗を認める、褒めてあげる関わりを大事にしてください。
そうすることで、子どもは自分のペースで学習を進め、興味や才能を最大限に伸ばすことができます。


おもちゃ知育玩具のレンタル・サブスクAnd TOYBOX

 

 

子どもやご家庭のペースで早期教育を取り入れ、子どもの成長を後押ししましょう!

早期教育は子どもの将来に大きなプラスをもたらす投資といえます。子どものペースや気持ちを重んじながら、可能性を限りなく引き出す環境づくりで、子どもの成長をサポートしていきましょう。
なお、早期教育の一環として、知育玩具・おもちゃを活用するのもおすすめです。当社「And TOYBOX」では、子どもが楽しく学び、さまざまな力を身に付けられる知育玩具・おもちゃのサブスクサービスを提供しております。
ご興味がおありの方や気になることがある方は、ホームページ上の「LINEでお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください!

この記事の監修者

And TOYBOX おもちゃコラム 編集部 岩瀬裕紀

おもちゃレンタルサービスAnd TOYBOXを運営する株式会社みのり代表取締役。2017年に当サービスを立ち上げる。そのほかに雑貨やインテリアのオンラインショップAnd MONOと保険調剤薬局を運営する。

Related Post関連記事

Price Planおもちゃレンタルの月額料金

月額3,278(税込)

And TOYBOXは定額制の知育玩具レンタルサービスです。
スタンダードプランは毎月3,278円(税込)で約15,000円、4~6個のおもちゃを定期的に交換することができます。
往復の送料はもちろん無料です!

料金プラン